The Snakepit Book: Daily Diary Comics 2001-2003

by Ben Snakepit
毎日自分の生活を3コマ漫画に描く作家の最初の本。2001年から2003年までの、彼がthe Swordというヘビーメタルバンドにいて、J Churchというパンクバンドに誘われるまでが描かれている。彼のパンクな漫画は、何の変哲もない毎日に深い意味を見出すため、どんなに何も起こらない平凡な日のことでも描かれている。アメリカのパンクな青年の生き方が垣間見れる一冊だ。
By now you know the drill: Ben White draws his life everyday in 3 comic panels. This was his first book, collecting quite a few various zines. After describing dozens of various Snakepit titles I'm going to defer to the wisdom of Jimmi Payne's Punk Zine, "Taken individually, each strip resembles what a friend would say if you asked what they had done that day. Ben sifts through the minutiae of life as well as the full experience of time in a day. This is different than James Kochalka's work as there is no pretense at narrative or point. The narratives in Snakepit open up on the macro level. If Snakepit is to be read on the toilet, a mere bowel movement is enough time to live months through the protagonist's eyes. Patterns emerge and story arcs materialize and years of common actions load into a highly concentrated snapshot that wakes you up to the ongoing machinations of life beyond your present day. This has led many to label Snakepit an existential text." Introduction about doing cocaine by Aaron Cometbus.

¥ 2,484

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 565円
  • ネコポス

    全国一律 300円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。