Mostly True: The West's Most Popular Hobo Graffiti Magazine [2nd edition]

グラフィティーの本って言うと大体街角のクールなステンシルや、サブウェイに描かれた無数のタギング写真がたんまり載ってるものが多い。でも、この本はグラフィティがアートになる前の、列車に描かれたホーボーたちの旅の印にフォーカスされた、名も無きアーティストのストーリー。もちろんクールな写真がたんまり載ってる。英語が読めなくたって楽しめるし、そもそもバリー・マッギーの表紙だけでも買い!
著者のビル・ダニエルは"Who Is Bozo Texino"という名の20年の歳月をかけてホーボー(列車を無線乗車で放浪する者たち)を撮影したドキュメンタリー映画の監督。この本はその集大成といったところ。当店一押しです!
※売り切れ中であっても、大抵の場合店舗には在庫がございますので、ご興味がある方は是非ご連絡ください。
by Bill Daniel
Second Edition! 24 Additional Pages of New Material! Four years after the first book, master railroad and freight tag historian Bill Daniel got the team back together to re-build the whole book with 24 new pages and the rest perfected once again. As Just Seeds said of the first edition, "In the age of endless and vacuous graffiti coffee table books with no written content and no sense of history beyond 1980s NYC subway cars, this is a massive breath of fresh air." Gold.
It's possible Bill Daniel is the most inspiring filmmaker of our day. With an impressive filmography that includes work on Craig Baldwin's Sonic Outlaws and as Vanessa Renwick's long-time collaborator, Daniel has crafted a remarkable book to go with his twenty-years-in-the-making Who Is Bozo Texino?—a documentary about modern day hobos, rail workers and a forgotten outsider subculture. It's full of obscure railroad nostalgia—the result of a 25 year obsession with hobo and railworker folklore. Freight riding stories, interviews with hobos and boxcar artists, historical oddities and tons of photos of modern day boxcar tags are all presented in the guise of a vintage rail fanzine.

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ネコポス

    全国一律 300円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。